保育理念・保育目標Grace Ichiriyama's Policy

保育理念

「いつも一人ひとりの子どもがテーマです」

  • 一人ひとりを見つめる保育の実現
  • 主体的に生きる力を育む保育の実現
  • 仲良しの心、思いやりの心を育てる保育の実現
  • 新時代に対応できる子どもを育てる保育の実現

保育目標

  • 一人ひとりの生活リズムをとらえて、ありのままの姿を受け入れ子ども側にたった個別のデイリープログラムで、情緒の安定を図ります。
  • 一人ひとりの欲求や要求を満たしながら、安心して過ごします。
  • 一人ひとりが安心して生活し、保育者や友達と一緒に遊ぶ楽しさを味わいます。
  • 安心安全で豊かな保育環境の中で健康な身体や感性を育て、生命の保持と情緒の安定を図り、意欲的に生活できるようにします。
  • 食事、排泄、睡眠、着脱衣、清潔、安全等の生活に必要な基本的な習慣態度を養い、主体的に見通しを持って生活出来る自立と生きる力の基礎を養います。
  • 歩く、走る、跳ぶ等の基礎的な運動能力を養い、積極的に運動する態度を身に付けます。
  • 保護者や保育士との愛着・信頼関係の下に、積極的に園での生活や遊び、友だちとの触れ合いを通じて社会性を育てます。
  • 乳幼児期にふさわしい生活を展開し、必要な体験をすることにより、心情、意欲、態度を豊かに育み、基本的な生活習慣、態度を育てます。
  • 人への愛情や信頼感を得る事により、自立心や道徳性の芽生え等を培います。